カテゴリー
未分類

もやもやをイマジナリーフレンドと会話して消化する

常に頭の中がぐるぐるしている自分にとって、考えや思いを伝えるのがものすごく苦労する、というのがある。

伝えたいことがあるけど、何と言えば良いのか、本気でわからない。

そういうとき、決まってオチいる行動が、イマジナリーフレンドと会話する、というもの。

独り言の領域を越えたもの。 

空想とはちがう。

ストレス発散のひとつ。

キッチンのシンク前に寄りかかり、平気で1時間は話し続ける。

家族は寝ているし、誰も見ていないから話せている、という意識はある。

記憶では、10才ころからこんなことをやっている。ひとりで相づちも打つ。

自分は一体なにをしているんだろう、お腹空いた、眠い、などの感情が沸くと会話が終了するのがいつものパターン。

いつの日か、これってヤバイ人かもしれない、と自問自答しやめようとしたが、この時を待ってましたかのように、イマジナリーフレンドとの会話は始まっていく。

頭ぐちゃぐちゃが日常。

でも、生きています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です